活動記録

9月28日活動報告

2008/10/04

先日までの暑さがウソの様に肌寒い日でした。この日はU15年代x2 U18年代x1 一般年代x1の女性陣とコーチ陣4名、チームGから2名の総勢10名で練習を行いました。UPを兼ねて1人ボール1コ15m四方のグリッド内にてフリードリブルから笛の合図でお互いのボールを取り合うスタイル。合間に各自思い思いのフェイントや技に挑戦する事を促す。3分x4SET。ストレッチを入れてから全員でリフティング。ボールが落下した場所に一番近い人がスクワット2回の罰ゲーム。約15分行いました。一生懸命ボールを追うと「罰ゲーム」の確立が高くなるとういうイヤな条件ですから「性格」がよく出ます。その後、KICKの練習。2人1組で約15m間隔。GKが行うようなパントキックをゆっくり行う。なるべく高く・ボールを回転させないように。これは前週も行いました。
その後約25m先のゴールに向かってパントキックを行い「皆が見ている緊張感の中」で練習の成果を発表?しました。結果は問わず「蹴る時にゴールを見てしまっている」等のアドバイスをしました。その後、7m前後でボールをゆっくり回すイメージトレーニング。相手が次に蹴りやすい場所に蹴ってあげよう!を合言葉に行いました。ここで「インサイドキック」の指導はしていません。小学生時代にサッカーを経験していた子は当然「指導」があるものだと思っていたようですが、より正確に蹴りたい、という欲望が強くなるのをしばらく待っていたいと考えています。この後、ゲームを行うつもりだったのですが「すぐとなりで男子中学生」が4人
球蹴りをしていたので、即席の練習試合を申し込んでみました。すると、少し照れたような顔をしてましたが「快諾」
初心者女子がいることを伝えゲーム開始。マーキュリーメンバー+コーチ陣VS市内強豪H中学1年生。きれいなボール回しとフェアなプレイを展開してくれました。女子に対しての接触もなく、何より初心者に「1プレイさせてあげる余裕」があったことにびっくりしました。基本的なキックの練習の後に実際のゲームを体験させてもらえたいい一日でした。
H中サッカー部の皆さん有難う御座いました。また、お願いします。

-活動記録