活動記録

3/20.21.22  体験参加の6年生が来てくれました。

今週は一般的には3連休。21日に茅ヶ崎市内で活動をしている
他の2チームと交流試合を計画していました。が、夜半からの嵐の様な大雨。6:30頃の段階で実施判断しないと間に合わなかった為中止。予報ではお昼前から晴れてくるとなっていましたが仕方ありません。残念ですがまたの機会を作りたいと思います。かわりに、この日は中学生限定で「お勉強会」を開催しました。チームのHPでは「サッカー概論」としていますが、実際には「学校の勉強」各自苦手な科目のテキストを持参して補習です。この日は受験を終了したメンバーが監視役として活躍+食事の準備やおやつの支度、リンゴの皮むき等活躍してくれました。塾に通う=成績向上では無い事を参加したメンバーに伝えました。またこの日は邦楽器を演奏する部活道に参加している選手が中学最後の発表会でした。皆、学年ごとの区切りをキチンと付けてそれぞれの道を成長していくのだと思います。その中で自分が取組んで行くものを取捨選択し行くものです。色々な場面で色々な人と出会い、優先順位が変わっていく。
当たり前の事です。サッカーに限らず自分が選んだもの・欲しいものを手にするには大きな努力やその他の物を犠牲にする事が要求される事が多いと思います。一見楽しい様に見えてその後苦労する。逆に厳しそうに見えても成長した時にはそれが当たり前。良くある事です。中学に進学する子は部活道との兼ね合いも気になる処だと思います。友人との交流関係は部活中心の行動になるので、校外のクラブだけへの参加は少し心配なのは理解出来ます。高校進学に関する内申点も気になると思います。この部分は良く調べて下さい。特に高校側が出している資料を。レベルによって評価の仕方が大きく違います。スポーツに限らず校外活動を評価してくれる部分が大きくある学校も沢山あります。
つまり、何かを一所懸命取り組んだ事は大小関わらず評価を得る事ができて、何となく流されて生活した事は例え「検定試験合格」とあっても評価の対象にならない場合がある。とも言えます。確実に言える事は「授業態度・提出物・素行」この3点に注意する事です。・・・この22日には小学校6年生の選手が体験参加してくれました。地元茅ヶ崎のチームで活躍していたそうです。
既存のメンバーも大きく刺激を受けたようです。来週の大沢FCさん記念大会への参加まで体験してもらい、その後どうするか決断してもらおうと思っています。近所の選手が入部してくれるのはうれしい事ですし将来の成長に一役を担えたらうれしいと思います。さて、皆来週は頑張ろう!

-活動記録