コーチコメント 活動記録

選手に退団勧告・・・アマチュアなのに・・・

数年前のことですが、代表を経験した選手が複数同時にクラブから「解雇」されたことがありました。詳細は知りませんが伝え聞いたところ「態度」の問題だったとか。昨今、中学生以下をターゲットにした「塾」の様なチームが増えました。当然、「お客様」扱いの選手は年齢を重ねる毎に「行き場」を失い、あちこちに流れます。マーキュリーにも毎年数人がバラバラと漂着してきます。商業主義や勝利至上主義か本質の前に「効果」を求める大人の責任か?分かりませんが正直、一緒に活動したくないタイプの子が増えました。若手の指導者からはもうあなたの考えは古い・それじゃやっていけないなどと言われ、すっかりどうしたものか?と考えているこの頃です。
今までは、「入りたい」と言ってきた子の多くをほぼそのまま受け入れてきましたが、ある意味のセレクションを行おうかと考え始めています。現在のサッカー・運動能力だけではなく、考え方や取組姿勢を「問う」内容です。
神奈川県の女子サッカー界を見ると、すっかり上位の勢力図が安定してしまいました。
JFA主導の普及も行先と目的が良く見えないなかですが、僕らは「正確な知識と技術」を身に付けて「フェアなプレーと態度」を心がけ・・・。ています。先般の公式戦では対戦相手のマミーズさんからキュウリの漬物やスイカをいただきました。選手と一緒に美味しく食べました。暑い中のゲームなので水分補給を「喜んで行える」ものを準備し、対戦相手にも「分けてくれる」のは感謝と尊敬です。多分、うちの子が悪さをしなかったご褒美だと・・・勝手に解釈しています。
ずっとサッカー(スポーツ)を楽しむために必要な事を身に付けて「大人にする」事が重要だと思っている阿部ですが・・・どうなる事やら・・・
ドリブルが苦手なさきちゃんですが、「ドリブル」の表現は僕はあまりしていません。
抜くのか運ぶのか?の様な・・・言葉・用語の理解も大切です。彼女は公式戦翌週のTMではDFラインの裏へ飛び出すプレイをやっと実体験してくれました。引き続き「ストロングポイント」で勝負して欲しいと思います。さあ、がんばろう!

-コーチコメント, 活動記録